Donavon Frankenreiter Japan Official Site

about DONAVON

ドノヴァン・フランケンレイター

1972年12月10日、カリフォルニア州生まれ、現在ハワイ州カウアイ島在住。

13歳からBillabongにスポンサーされるプロ・サーファーであり、今日の「サーフ・ミュージック・シーン」を代表するミュージシャン。

2004年、1stアルバム『Donavon Frankenreiter』からシングル「Free」が日本でも大ヒット。数々の来日公演やフェス出演を重ね、2ndアルバム『Move By Yourself』(06)、3rdアルバム『Pass It Around』(09)、4thアルバム『Glow』(10)も確実にヒットさせてきた。最新作『Start Livin'』(12)ではシングル「Shine」が全国のFMで大ヒッットし、2度の来日公演を行う。2014年、自身初のベスト・アルバム的内容のライヴ・アルバム『ドノヴァン・フランケンレイター・ライヴ・アット・ザ・ベリー・アップ』をリリースし話題に。

そして2015年9月、満を持して6枚目のスタジオ・フル・・アルバム『ザ・ハート』をリリース。その翌月には新作を引っ提げてのジャパン・ツアーが行われる。

楽曲だけでなく、ライフスタイルに感銘を受けるアーティスト。サーファーからギター好き、お洒落な都会人からヒッピーまで、、、言わば老若男女、性別年齢ジャンル問わず、皆に愛される明るいキャラクターの持ち主。

スポンサー:Billabong、Cordoba Guitars、Coutour Cameras、Hobie Surfboards、Martin Guitars、Sanuk、Verizon Wireless、Von Zipper

詳細 >>

JAPAN TOUR

JAPAN TOURはまだありません。

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

Glow Tour2日目、1月7日(金)朝

さぁ、ツアー2日目の朝。この冬一番の冷え込み。

昨日まであった波も昨夜遅くからビュンビュン吹き始めた北風に消され、各波情報にはスモール・コンディションとあります。

が、そんなことはドノヴァンには関係ありません。

「何か良い波に当たる気がする」と大先生がおっしゃるので、

とりあえず海へ行ってみよー!ってことになり、極寒の中ホテルを出発。


ドノヴァンと一緒に来たのは、普段からサーフィンをするキーボード担当のエリック。

みんなで車に乗り込み、向かった先は南千葉の和田近辺。


波チェックをするドノヴァン。

抜けるような青空で素晴らしい快晴ですが、とても強い北風と満潮の影響でほぼフラット。

でもうっすらとウネリは見えて、地元サーフショップの方によると、「潮が引けばこのあと少しできる」と。

実は今回、雑誌「FINE」の同行取材を兼ねているので、潮が引くまでの時間を利用して撮影。



クジラの上でノーズライド…。

などと遊んでいると潮が引き、風もちょっと変わり、波が少しだけ反応してきた様子。

海の中にはサーファーの姿もチラホラ。

オッケー、カモーン、レッツゴー!!

と言うことで入水。

サイズは膝~もも、たまーに腰。オフショアー。


photo by TA

人もほとんど居なく、小波ながらも走れる波もあり、十分遊べるシェイプの波でした。

ほんの小一時間のはずが3時間も入ってしまい、よって本日のリハはキャンセル、だそうです!

まぁ同じ会場で二日目だし…(汗)

ドノヴァンはツイン・フィッシュに乗ったり、ロングボードに乗って何本もチューブに入ったりで大満足。

エリックも良い波キャッチしていましたよ。

もっと写真を掲載したいところですが、この日の模様は雑誌「FINE」の次号以降で特集されますのでお楽しみに!

海のエネルギーを十分蓄え、これから渋谷クアトロ2日目。


チケットも間もなくソールド・アウト、との情報にドノヴァンのテンションも上がってきましたっ!

つづく…。


2011-01-11 20:55:49投稿者 : Donavon Frankenreiter
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
コメント一覧
コメントはまだありません。